前へ
次へ

高級ではない古い着物が買取市場で需要増

一般的に着物を着る機会は減少傾向にあり、押入れの中に眠っている着物の処理に悩んでいる方は少なくありません。
そんな中で買取業者の利用を考えているものの、高級ブランド物でもなく古い着物は買取対象にならないのではと、諦めている方がいるのも実情です。
しかし最近では高級ではなく古い着物でも買取市場での需要が拡大傾向にあり、チャンスの時と言えます。
買取需要が拡大傾向にある理由としては、外国人旅行者の増加によって日本土産としてキャッチーな着物が人気となっており、割安な中古着物の需要が増えた事が挙げられます。
その他にも着物を着て記念撮影をしてSNSに投稿する外国人旅行者や、若い日本人女性向けのレンタル着物としての需要が増えた事も挙げられます。
長年押入れを占領して諦めていた着物の有効活用として、検討する余地はあると考えられます。
買取の方法も出張買取や宅配買取など手間いらずな方法もあり、敷居は低いと言えます。

大量生産品を買取してもらうことができるか

着物は日本の伝統衣装です。
と言ってもどの家庭にでもあるわけではなく、一度も着たことがない人もいるでしょう。
一般的なスーパーなどでは売られていなくて、着物を販売する専門店である呉服店などに行かないと購入できません。
その他百貨店などに行かないと購入できないかもしれません。
呉服店に行くと多くの着物を見ることができます。
反物の状態で置かれていて、自分で好みのデザインのものを選んで仕立ててもらいます。
一方でもっと手軽に利用できる着物も出てきています。
洋服のように着られるものもあり、比較的安く売られています。
これらは大量生産によってコストを大きく下げて作られています。
大量生産品の着物の買取をしてもらえるかどうかですが、専門的な着物を扱うところだと買取を拒否されることもあります。
それぞれの買取業者では売却先のパイプを持っています。
高級品を販売するパイプはあっても、安物を販売するパイプを持っていない可能性があります。
リサイクルショップなら買い取ってもらえるかもしれません。

Page Top