前へ
次へ

着物買取についてネットと店頭買取利用について

着物買取を利用する際に専門店に持ち込みをしたことがあるのですが、メリットとデメリットがあると感じました。
メリットとしては、直接お店の人に質問などをその場ですることが出来るなどがあります。
査定額に対してなぜそのような額になったのか、どんな品物が高い価格で売れるのか、ブランドの品物なのかなど専門家に聞けることです。
その他にもお店の陳列してある品物を観て相場などを参考にできるので勉強になります。
デメリットとしては査定を依頼した後に満足のいかない額の場合は断りにくいと感じました。
その時は丁重にお断りして私はインターネットでの宅配買取へ依頼しました。
メリットとしては口コミの良い所を選ぶことが出来、顔を合わせずに気を使わずに査定をしてもらえることが出来、断る事も可能。
持ち運ぶ手間も省けるために忙しい人には良いと感じました。
双方利用してみましたが、私にとっては、ネットでの着物買取の方がメリットが多いような感じがしました。

実店舗より、ネットの方が着物買取が高い理由

着物は、中古の着物を扱っている実店舗やリサイクルショップでも着物買取を行ってくれる場合もあります。
ただし、その多くは、目を疑うほどの安さで買取されてしまう場合がほとんどです。
理由は、様々ですが、限られた実店舗でライバルが少ない理由もあるでしょう。
直接その実店舗で、再び商品を売る場合もあります。
ただし、実店舗では、限られた地域で客が少なく、安く買取、高く売らなければ商売が成り立たない場合もあるのです。
ネットは、全国規模で展開している中で、少ない利益で沢山の品々を扱える特徴があるでしょう。
ネットで営んでいる業者としては、少しでも高く着物買取しなければ、次回から利用してもらえない可能性も高まります。
ネットで営んでいる業者の強みは、少ない利益で高い回転率を高める力があるのです。
着物行きは、中古の着物を求める人々も様々であり、和装小物への加工や海外への販売ルートを使って旅立つ場合もあります。
着物買取業者は、自社で販売するサイトなど持ち合わせている場合もあり、集客力の高い店舗で再び市場に流れる場合もあるのです。

Page Top